主婦のキャッシングについて

主婦のキャッシングについて

今すぐにお金が必要だという時に役立つものがキャッシング融資ですが、専業主婦がキャッシングをすることは果たして可能なものなのでしょうか。

家庭のお金のやりくりをしているために、専業主婦は家計の補填の必要性などを感じることがあるでしょう。
近所とのやりとりや親戚への贈答品、冠婚葬祭などで、思いがけない出費が出てしまうということがあります。

収入が全くないことが、専業主婦がキャッシングを利用する際のネックになります。
正社員として仕事をしている人なら、自己破産やブラックリスト入りの前歴がない限り、キャッシングの審査に断られることはまずありません。

正規雇用で働いてなくても、非常勤で毎月の収入が一定数値をキープしている限りは、審査に通りやすいといいます。
しかし、専業主婦は自分の労働でお金を得てはいません。
無収入の人がキャッシングを利用しようとしても、多くの場合は断られます。

現在では、総量規制に反したキャッシングはできないので、借り入れ審査に通りにくくなっています。
1年間の収入の三分の一を越える金額を、キャッシングで利用することはできません。

配偶者貸し付けという制度を利用すれば、法律の例外を使うことができます。
配偶者からの同意が得られることが条件ですが、配偶者の収入を、本人の収入の代わりに審査の基準として利用するというものです。
もしも専業主婦が人に知られずにキャッシングをしたい場合は、夫婦関係を照明するための書類と配偶者の同意書が必要です。